読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RAY

SECOND TETSUYA

「おれたち」について考えて呟いていた時に啓司さんのインスタが更新されました。

ただ泣いて、この涙の原因が分からなくて感情が分からなくて。

まだ手元にWWWは無くてRAYを初めて聴きました。

繰り返し何回も見て、聴いて。

ふと思いました。

「将吉くんが手を伸ばす先に何があるのか知りたい。」

「てつやさんの背中を追っていたい。」

と。

セカンドについて未来を見たのはあれ以来初めてでした。

3日前まで6人に未来感じていない(要約)みたいな呟きしていた自分だったのに何言ってんだと思いますよね。わたしも思ってます。

セカンドというより正確には『RAY』という楽曲に未来を感じました。

傷つきたく無くて怖い怖いと言っていたのは「ついて行きたい」と思ったからで。

泣いていたのも「ついて行きたい」と思ったから。

この「ついて行きたい」が自分にとってどれほど重いものか痛感しています。

 

あれ以来の自分の呟き見直して今日までたどり着くと感情の振り幅が激しくて。そして今すごく「ついて行きたい」と思えた自分にしっくりきていて。全部嘘偽りないです。

 

あーーーまだ傷つきたく無くて怖い!!!のが勝ってるかなって感じです。

 

でもきっと「ついて行きたい」って思った自分が一番頑固なのも知ってるから。ね。

 

ただ言えることは、ほんの少しだけでも夢を見てもいいのかなと思えた夜でした。

 

 

『RAY』

歌詞

https://lyricsjpop.blogspot.jp/2016/09/exile-second-ray.html?m=1